月150万稼ぐためのマインドセット

セルフブランディングに必要なたったひとつのこと

3b62f827e91c42bcb6d20f418220d797_m

昔は会ってからのほうが感動、今は会ってから・・・アレ・・・?(笑)

 

セルフブランディングというと、ついつい、SNSやブログのサイドバーなどで自分を必要以上に大きく見せようとしてしまいます。

 

日本のネット文化はちょっと前までは、匿名のよさっていうのがあって、ハンドルネームで控え目にやっていても、隠れファンとかが実はいっぱい・・・というのがありました。

 

昔はオフ会とかでハンドルネームを名乗って最初の自己紹介した後に、「じつはすげえ人だったんだ!」みたいな感動がよくあったものです。

 

今は、残念ながらそういう経験ってあまりないですよね。

 

実名さらして、出身校や会社などをそのまま書いてるからだけじゃなくて、みんな、プロフィールを盛れるだけ盛ってるから(笑)、今は、会ったときに「あれ?プロフのほうがすごくない・・・?」と心のなかで思ってしまうことあ増えちゃったというわけです。

まあ、そのこと自体はオフ会では口に出しませんけどね、みんな・・・。

 

 

セルフブランディングって、現在の自分をアピールするだけじゃないはず

 

そういうがっかりな人と、お酒が入ったりするとやっぱりな・・・というパターンがありますよね。

 

やたら自分の「今」のことを語りたがります。今の仕事、今の人脈、今の羽振りの良さ(?)などなど。

 

不思議と自分の「過去」は語らない。

 

もちろん、いきなり流れと関係ない「過去」の話を初対面の人にされても、空気が変なふうに変わっちゃうのでそういうのは勘弁してほしいわけですが、そういう過去の重たい話とかじゃないわけです。

 

聞いていて、あとから名刺を取り出して、その人の顔がすぐ浮かぶのは・・・

 

「10年間編集の仕事やってきて、どうしてもこういうとこ疑問に感じていて、自分で書く側になっちゃいました」(ライター独立宣言)

 

とか

 

「ウェブ制作の会社にずっといたんですけど、お客さんとこういう忘れられない、今の自分を作ってくれた経験があって、それがきっかけで結局独立したんですよね」(起業体験)

 

とか、そういう「なんで、自分は今こういう名刺持って頑張ってるか」っていうさりげない過去がさらっと語れる人って、後からじわじわ自分の中で存在感が広がってきませんか?

 

その逆に、今の盛っちゃてる自分のアピールばかりで将来の夢語られても、なんだかフワフワ~っとした印象しか残りませんよね。

 

 

自分の過去+現在+未来=自分のブランディング

 

セルフブランディングで失敗しちゃってる痛い人って、自分の現在のアピールが突出してたり、逆に根拠不明な未来の夢語りばかりしてる人が多いようなそんな気がします。

 

まあ、過去の愚痴や栄光ばっかり語ってる人もこまりますが、そういう人は少なくともセルフブランディングなんかしませんから、今回の記事の話題からは除外していいかな・・・。

 

いずれにしても、自分の「過去」「現在」「将来」のバランスが程よく相手に伝わるのが相手のマインドシェアを獲得できるセルフブランディングじゃないかな、と思います。

 

 

ブログの文章なんかでも、ときどき、その人の人柄が分かったりすると、なんだか信頼感が倍増します。

 

例えば、「過去」=昔サラリーマン時代パワハラに会って苦労した+「現在」自由な生活を手に入れた+「自分と同じようなひどい目に会っている人に、自分が自由になったノウハウを教えたい」みたいなストーリーがすっとわかると、その人の書く文章の後ろ側の「人」が見えてくるからだと思います。

 

だから!

 

プロフィールには「現在」の自分をてんこ盛りにする必要はないのだと思います。

さりげなく今の自分を作った過去、そして、控え目に、でも自信を持って未来を語る「現在の自分」がいる。

それが、セルフブランディングで必要なたったひとつのことだろうな・・・と最近感じてます。

 

Similar Posts

コメントを残す

*