ライティングするときのSEOは誰のためにやるの?

そもそもSEOって何?という話から

ライティングしてるときにSEOを意識して書いているライターは、どのくらいいるでしょうか。

 

企業からのコンテンツマーケティング記事の依頼なんかだと、依頼する側にSEOの専門家がいて、だいたいのタイトルやキーワードを指定してくれることも多いですね。

 

だから、意外なことにコンテンツマーケティングのライターさんには、SEOにあまり詳しくない、というか、書いてるときもSEOを意識しないで書いている人も多かったりします。

 

SEOはその名の通り、Serch Engine Opitimization = 検索エンジン最適化、です。そして現在サーチエンジンといえば、Googleそのものという状況なので(Yahoo!もGoogleのシステム使ってます)、ぶっちゃけSEOは…

 

どうやったらGoogleに気に入ってもらえるか!というテクニックになりますね。

 

このブログでいうと、これがSEO記事です

実例を上げると、このブログのメニューにある「アフィリエイト情報」とか「クラウドソーシング情報」というのが典型的なSEO記事ですね。

 

タイトルとか、内容とかGoogleに検索されやすいように作っていまして、実際のところアクセス解析でみてみると、Googleや、Googleのシステムを使っているYahoo!からの流入が多いです。

 

特徴としては、内容的にわかりやすくまとまっているとは思うんですが、読者さんからすると「もう少し大福さんらしい声が聞こえてくる記事のほうが良いなあ・・・」と思うかもしれませんね。

 

そこが確かにジレンマなのです。

 

自分の書きたいことを、読者さんに書きたい!というのが、私の一番の思いであることはその通りです。

 

でも。Google(サービエンジン)に向けて最適化しておかないと、検索エンジンから新規の読者さんが待ったっきてくれない・・・という悲しい状態にもなるわけなんですね。

 

だから、検索エンジン向けにSEO記事を書いたり、読者さん向けに本音記事を書いたりという、バランス感覚がとても大事になってきます。

 

魅力的なブログは、このバランス感覚がとても良くできているというところが特徴で、わたしも日々がんばっているというわけですね。

 

 

大福の本音がもっと読みたい場合は、ぜひメルマガ登録を!

 

最近、ちょっとバランス的に検索エンジン向けのSEO的な記事が多かったかな・・・

 

という印象があり、読者さんからもそんな感想をちらほらいただきました。

 

そこで・・・

 

メルマガ登録フォームを作りました!

 

オレンジの「大福流!自分の可能性を1000倍にするライター起業塾」がそれです!

 

大福の今日までのアップダウン激しい歴史(?)の怒涛の5連続メールから、主題のライティングで起業していくためのヒントなどをお伝えしていきます。

 

最近のこのブログのSEO記事で物足りないな・・・

 

と思った方は、検索エンジン向けじゃない、読者に向けた熱いメッセージあふれるメルマガに、ぜひご登録ください!