【無料プレゼントあり】ライター大注目の発想法!大谷翔平を作ったマンダラート

発想法に困っているライターは大谷選手を参考にしよう!

 

大谷選手といえば、投げてよし、打ってよしの二刀流の一流選手ですね。

 

著名評論家の誰もが「あんな二刀流、体壊してすぐにダメになる」といい続けていたのに未だに驚異の成績を収め続けていますね。

 

 

そんな大谷選手のあのすごさの秘密は、じつは高校時代に作っていた「マンダラート」を着実に実行してきたっていう事実を知ってましたか?

 

まず、実物を見てみましょう。

 

これです!

 

画像出典 NewsPicks

 

真ん中に究極の目標「ドラ1(イチ)8球団指名」があって、そのために何をすべきかが周りに8個書かれています。

 

そして、その8個を実現するために、さらに何が必要かについて、細分化して目標を書いているわけですね。

 

これが「マンダラート」です。

 

お釈迦様を描いた曼荼羅の図に似ているので、そういう名前がついているわけですね。

 

 

 

マンダラートは手軽に誰でもできる!

このマンダラートですが、シート作成自体はだれでも簡単にすぐできます。

 

例えば、自分で方眼紙に太線を書いてマス目を作ってもいいですし、それが面倒だな・・・という人には、ダンロードしてすぐに使えるマンダラートの用紙もあります(PDF)。

 

紙を用意したら書き込んでいくわけですが、マインドマップをやったことがある人は慣れていると思いますが、とにかく思いついたものを自由に書いていくのがコツです。

 

あまり考えすぎると、途中で止まってしまいますのでね・・・。

(私もよくそうなります・・・(笑))

 

日々のアタマの整理や、短期目標、中期目標、長期目標なんでもいけます。

 

そして、やってみると実感できるのですが、マインドマップよりも構造的にまとまりがでてきますよ。

 

マインドマップは楽しいけど、結局アイディアが拡散しすぎて分け分けらなくなってしまった・・・という経験のある人は、このマンダラートの方が個数の縛りがある分、形になりやすいのでおすすめです。

 

ライターは記事のペルソナを考える時にチョー使えます!

私はこのマンダラートを、ペルソナを作る時に重宝しています。

 

ペルソナとは、「この記事(原稿)を読む人がどんな人か」かを徹底して考え抜くことです。そのことで、読者に的確なメッセージを伝えることに成功するわけです。

 

だれに向かって書いているのかわからない文章よりも、例えばこんな風に読み手を想像することで、相手にとって的確な文章が書けるようになります。

 

■アフター5は何をしている?
■休日はどう過ごす?
■最近ハマっているものは?
■好きな芸能人/嫌いな芸能人
■好きなテレビ番組/嫌いななテレビ番組
■インターネットはどんな目的に使っている?
■よく読む雑誌やブログ、Webサイトは?
■よく使うソーシャルメディアは?
■スマホに入れているアプリは?
■最近読んだ本は?

羅列しているので、少しわかりにくいですが、マンダラートを使うと、こんな風になりますね。私の作ったエクセルマンダラートでやってみましょう。

 

 

 

 

ね!

 

羅列しているより、もっとはっきりペルソナが考えられます。

 

いま、このマンダラートにハマっているので、また別記事でもとりあげていきますね~

 

 

このエクセルマンダラート無料プレゼントしちゃいます!

 

【追記】この最後にご紹介したマンダラートを作成するエクセルツール無料でプレゼントします!

メルマガに申込んだ上で、返信に「ツールちょーだい!」と書いていただければダウンロードURLをご返信します。

ぜひ、ご応募ください!